社会福祉法人ヒューマンライツ福祉協会
文字サイズ  普通 大きめ
HOME人財情報TOP > 私たちの職場 トータル人事システム

私たちの職場 トータル人事システム

いっそう働きがいのある職場づくりへ!
新「トータル人事システム」2013年4月スタート

 当協会では、これまでも時代の変化や業務・組織の拡大などに合わせて、職員がより働きやすく、生きがいを持って共に事業に取り組めるよう、人事制度の見直しを随時進めてきました。とくに今日は福祉をめぐる社会環境、経営環境が大きく変わり、社会福祉法人といえども強固な経営・事業推進体制がなければ、存続は許されません。中期経営計画のもと強力な事業展開を進める当協会では、併せて人事のあり方を根本的に見直し、組織強化のためのトータルな人事制度の構築をめざしてプロジェクトを推進。2013年4月から新制度を導入しました。(一部2012年10月試行)

 新「トータル人事システム」の概要は以下の通りです。
 
1 トータル人事システムの基本的な考え方
 
 トータル人事システムのねらいは以下の4点です。
①組織目標の達成に向けて、職員一人ひとりの強みや意欲が発揮できる人事システム。
②業務のマンネリ化やルーチン化を防ぎ、利用者満足度の向上に向けて常にイノベーションが発揮され、緊張感や躍動感をつくりだす人事システム。
③仕事の成果が公平・客観的に評価されるとともに職員一人ひとりの頑張りを適正に評価。また褒める」に着目して人材育成が図れる人事システム。
④高度化、専門化する多様な福祉ニーズに対応していけるようスキルアップ等が図れる人事システム。
  
2 トータル人事システムの重点項目
 
 トータル人事システムの重点項目は以下の4点です。
①人事評価は経営評価を手法とした業績評価と職務行動評価により判定します。現行の職能資格等級制度は廃止します。
②コース選択制度を導入します。
③給与処遇制度については、各職群に合わせた賃金制度設計を行うとともに、契約職員の処遇改善を図ります。
④職員のキャリアパスの構築に向けた人材育成・確保制度を充実させるとともに、管理職を含む研修体制を強化します。
 
3 トータル人事システムにおける主な制度の導入時期
 
①人事評価制度  
 ◇試行実施:2012年10月1日~2013年3月31日
 ◇本格実施:2013年4月1日
   
②給与処遇制度
 ◇給与制度:2013年7月1日
 ◇賞与制度:2013年7月1日
 ◇昇格・降格制度:2013年7月1日
③職務別等級制度
 ◇9等級制:2013年5月1日
 ◇コース制:2013年7月1日
④人材育成・確保制度
 ◇OJT、Off-JTの実施
 ◇法人全体研修の開催
 ◇ガイドヘルパー養成講座の開催
 ◇初任者研修の開催
 ◇その他
 ※上記研修、講座等は随時実施
 
 jinjisystem-frame.png