社会福祉法人ヒューマンライツ福祉協会
文字サイズ  普通 大きめ
HOME高齢者支援TOP高齢者相談・生活支援サービス > 高齢者相談・権利擁護 地域包括支援センター/介護予防支援(西成区北西部)

高齢者相談・権利擁護 地域包括支援センター/介護予防支援(西成区北西部)

地域包括支援センター
 地域包括支援センターは、高齢者の方が住み慣れた地域で安心して暮らせるように、健康、福祉、医療、介護などさまざまな面から総合的な支援を行うため、2005年の介護保険法改正で市町村に設置された機関です。西成区北西部地域包括支援センターは、大阪市より委託を受け、保健師(在宅支援経験のある看護師)、主任介護支援専門員、社会福祉士等がそれぞれ専門性を生かしながら、地域のお年寄りのあらゆる相談に協力して当たっています。
 特にひとり暮らしの高齢者が多い当地域では、生きがいや繋がりづくり、声かけ・見守りなど自立支援の活動に力を注いでいます。また、当センターは、虐待防止など高齢者の権利擁護、要支援認定を受けた方の介護予防支援(ケアプラン作成等)を行う機能も持っています。とりわけ最近では、認知症予防や認知症の相談にも重点を置いて取り組んでいます。

ずっと、もっと、頼れるパートナー。

●西成区北西部地域包括支援センターは、西成区の鶴見橋中学校区、梅南中学校区を担当
●暮らしのあらゆる相談ごとをお聞きし、関連機関等と連携して解決にあたる総合相談・支援
●特にひとり暮らしの高齢者には、潜在能力を引き出し、生きがいを持って自立した生活を営めるように支援
●介護が必要となるリスクの高い人や要支援の認定を受けた人の介護予防のためのケアマネジメント
●虐待や消費者被害などから高齢者を守るための予防・情報提供活動、相談・支援・救済などの権利擁護

サービスの内容 /特徴

・総合相談・支援......介護、健康、医療、福祉に関することはもとより、高齢者やその家族の方が抱える悩みや心配事の相談にお応えし、関連機関等と連携しながら解決に尽力
・見守り、緊急時の家事支援や通院介助、ボランティアなどの生きがい活動支援や生きがい就労支援
・介護予防支援......介護が必要となるおそれのある方、および要支援1・2の方に介護予防のためのケアプランを作成
・権利擁護......高齢者虐待の早期発見、成年後見制度の紹介、消費者被害対応などに努めるほか、暮らしや権利を守るための講座や勉強会を実施

ご利用案内

利用対象者 対象地域内にお住まいのおおむね65歳以上の方
利用定員 なし
職員数 9名

 

●ご利用に関するお問い合わせ

西成区北西部地域包括支援センター
〒557-0031 大阪市西成区鶴見橋2-12-23
TEL(06)6568-8400 FAX(06)6568-8401